モビットの増額審査に通りたい!

お金を借りたい時にはローンやキャッシングを取り扱っている金融機関に申し込みをすることになります。審査の時間がとても短いことや、金利が安定していることなどから今消費者金融に注目が集まっていますが、その中でもおすすめしたいのはモビット増額です。

 

モビットは大変特徴のある申し込み方法のWeb完結が利用できることで話題ですが、それ以外の申し込み方法でも大変スピーディーな借り入れが可能になります。Web完結は申し込みや契約など借り入れまでの手続きを全てネットで済ませてしまえる方法です。

 

モビットで借り入れを希望するなら、とにかく審査に通る必要があります。モビットの審査はどのように行われているのでしょうか?通常カードローンだけでなく、どのようなローンも審査基準は明らかにされていません。しかし多くの場合審査は何段階か行われることになっています。

 

仮審査や事前審査と呼ばれる審査をまず行い、借り入れできるかどうかを判断します。この時申し込み者の職業や収入などを点数化していき、規定の点数を超えていれば仮審査は通過ということになります。仮審査後に本審査を行い、個別に確認していくことになりますが本審査と仮審査の結果が違ってしまうことはごく少ないケースと考えておいてよいでしょう。しかし虚偽の内容(収入を多く書く、勤続年数を長く書く、他社借り入れを少なく書く)が判明すれば仮審査の結果と違う結果になることも当然起こります。

 

審査に通らなければお金を借りる事ができないために、申し込み者は実際とは違う内容を書いてしまいやすいのですが、他社借り入れは個人信用情報機関の記録から分かってしまいます。しっかりと借り入れ件数などは把握の上申し込みするようにしましょう。

 

カードローンやキャッシング商品では特に担保が必要なく気軽に借り入れができる代わりに、申し込み者の借り入れや返済の履歴が重視されます。返済しない可能性が少しでもある申し込み者には決して貸付をすることはありません。過去に延滞してしまったことがある方は、その履歴がなくなるまではどのようなローンに申し込みをしても借り入れすることは大変難しいのです。

 

モビットではWeb完結での申し込みと、もう一つの申し込み方法であるカード申込のいずれを選択しても、当然審査は行われます。申し込み方法と利用方法の違いとなるだけで審査に違いがあるわけではないのです。

 

金融機関は貸付できる人物を見極めるために審査を行います。審査に当たって実際とは大きくかけ離れた内容を記入している人物や、記入内容に間違いが多い人物などはやはり信用されないということになってしまいます。わざとにせよ、そうではないにせよ申し込みフォームなどに記入する内容には十分な注意が必要です。

 

特別に緊張して望む必要はありませんが、誤字や記入漏れがないように(ネット申し込みなどでは入力ミスもよく起こります。)確認をしっかりしておきましょう。些細なことから信用度を無くしてしまうような結果にはならないように、自分がもしもお金を貸す立場だったら…と考えてみることも良いかもしれません。

厳しい?甘い?モビットの審査はどんなもの?

カードローンやキャッシングの申し込み前に最も気になるのは審査の事ですよね。借りられるか借りられないのか、審査は厳しいのかそうではないのか、申し込みをする方にとってはとても重要な問題です。モビットでは審査はどのようになっているのでしょうか?

 

審査基準は金融機関によって違いますが、どこもその基準を発表しているわけではありません。ですから、どこのカードローン審査が厳しくて、どこが甘いのかということを比較することはできないのです。

 

ただし、審査で何を見るのかということはおおむねどの金融機関でも違いがありません。収入や勤続年数などはまず審査される内容の一つに挙げられるでしょう。とはいってもカードローンでは自分で限度額を決めることができますので、収入が低ければ借りられないということにはならず、それに応じた限度額を設定することで審査に通ることがあります。

 

モビットでは勤務形態を問わず申し込みができますが、重視される点は安定した収入が継続しているかどうかということです。一時的に大きな金額を得ていたとしても、継続していなければ返済できない可能性が高いとみなされます。

 

しかし何より審査で重要視されることになるのは、借り入れと延滞の履歴です。借り入れの履歴だけならば現在も借入残高があれば、モビットは消費者金融ですから総量規制の金額を考慮して新たに借り入れる額と現在の借入残高を合わせて年収の3分の1までにしなければなりません。大きな問題となるのは延滞の履歴です。

 

延滞したという履歴を残していると、「また延滞をすることになる人物」と金融機関は判断します。友達関係でももしもお金を貸した相手が、返してくれなかった、または約束した期日よりもずっと遅れて返したということになるとまた貸したい、と思えるでしょうか。カードローンでは保証人や担保がないですから、必ず返済できる人物に貸さないと消費者金融は営業できなくなってしまいます。

 

延滞履歴は数年経つと消去されることになりますので、その期間を待ってから新たな借り入れを申し込むことになります。モビットの審査でも延滞に関しては重視されることは間違いありませんから、気を付けておきましょう。